美容外科 × ミステリー「リアルフェイス」

続けて同じ作家さん。
知念実希人さんの「リアルフェイス」を読みました。

リアルフェイス (実業之日本社文庫) [ 知念実希人 ]

帯に、

あなたは絶対に騙される!!
どんでん返しの真骨頂!

なんて書かれているのですから、気にならない訳がない。
知念実希人さんの本の面白さを知っているので、さっそく購入して読んでみました。

こちらも、天久鷹央シリーズと同じく魅力的な個性を持つキャラクターによる、漫才のような掛け合いが楽しめる本でした。



 

「リアルフェイス」のストーリーは、

 

美を創り出す芸術家のように、依頼者の顔を変える天才美容外科医・柊貴之。
金さえ積めばどんな要望にも応える彼のもとに、奇妙な依頼が舞い込む。
いまの妻の顔を前妻の顔に変えろ、ある男を別人にしてほしいなど。
さらに、整形美女連続殺人事件の謎が……。
予測不能の一気読み医療サスペンス×ミステリー!

『崩れる脳を抱きしめて』で本屋大賞ノミネート!!
今いちばん勢いに乗るミステリー作家が贈る自信作。

あなたも顔を変えますか?

*「リアルフェイス」背表紙抜粋

 

…という、美容外科をテーマにしたミステリー。

主人公は大学院の麻酔科医である朝霧明日香先生。
天才美容外科医の柊先生とモデルのように美人な早苗さん。
連続殺人鬼として指名手配されている神楽誠一郎が主な登場人物。

さまざまな悩みで天才美容外科医の柊先生の手術を求める人たちの話と、4年前に起こった医療事故と連続殺人の決着がからみあって進行していきます。

 

一言で言えば、とても読み甲斐のある作品でした。

ただ、帯に書かれていたような「あなたは絶対に騙される!!」は通用しませんでした。
途中から、入れ替わりについては予想でき、その通りになったので。
過去の連続殺人については、まぁまぁのおもしろさ。
(あくまで私の感想!)

 

それよりも、美容外科という仕事についての話の方が、読んでいて興味深く面白かったです。

柊先生は違法なこともしますが、すべては患者の為。
それが、主人公の朝霧先生には納得できない。
じゃあ、それ以上に良い解決策はあるのかというと「ない」。
良心の呵責に葛藤しつつも、受け入れざるをえないんですね。

また、朝霧先生は美容外科に対して否定的。
その部分は、一読者の私から見るとイラッとするところでした。
全面的に柊先生の意見はごもっともなことだと思えたので…。

二人の美容外科について異なる意見が、世の美容外科へのイメージを表しているように思えました。

美容外科について、いろいろと考えさせられる部分もあり、ちょっと掘り下げて知ることができる作品。
単なる、ミステリーにはまっていないのがいいです。

最後はきれいにまとめて終了。
できれば、続編に期待したいものです。




カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です